どんなシーンでも美味しいここちまいのコシヒカリ
  1. ホーム
  2. 冷めても美味しい秘訣とは?

冷めても美味しい理由とは?

■アミロースの割合が低いと冷めても美味しさが持続

ご飯の成分の一つ、アミロースの割合が低いと粘りのある、もちもちしたお米になります。この粘りのあるお米は時間が経っても水分を保持できて、パサつかず硬くなりにくい事から冷めても美味しい理由となるのです

ここちまいはアミロース値が17%以下!

毎年の食味値のアミロース値は17%以下です。

一般的なうるち米(普段食べているご飯になるお米の事)のアミロース値は17〜23%ですが、我が家のコヒカリのアシミロース値は毎年17%以下となります。
>> 26年産の食味値表

お買い物ガイド